*******ネタばれ注意!!*******
このサイトには、ラスボスエンディングなどのネタばれ要素が含まれています。

2007年12月10日

ぎゅわんぶらあ自己中心派 麻雀皇位戦

麻雀ゲームの王道、自己中心派シリーズです。

こちらがラストの面子。タコ軍団といわれる集団です。
gambler1.JPG
一応、右にいる「片チン大王」がボスみたいです。

この対戦に見事勝利しました。
gambler2.JPG
gambler3.JPG
タコ軍団を退治し、仲間の待つ雀荘ミス・チョイスに戻ってきました。
gambler4.JPG
gambler7.JPG
gambler8.JPG
感動の再開を喜ぶ一同。

そして、スタッフロールが始まりました。
gambler5.JPG
gambler6.JPG
主人公、持杉ドラ夫のカットで終了でした。

<感想>
 個性的なキャラたちで、それぞれが独特の攻め方をしてきます。他の麻雀ゲームに無い面白さがあります。ラストのタコ軍団はそんなに強い印象はありませんでした。普通に味方同士で潰し合ってたしw
個人的には、北海道地区にいた「勝ち過ぎの金蔵」が一番脅威でした。こいつは役満率が高くてヒヤヒヤものでした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。