*******ネタばれ注意!!*******
このサイトには、ラスボスエンディングなどのネタばれ要素が含まれています。

2010年11月28日

伊集院レイ ときメモ 伝説の樹の下で

スーファミ版 ときめきメモリアル 伝説の樹の下で
伊集院レイ エンディング 

<その他のエンディング>
藤崎詩織 如月未緒 如月2 紐緒結奈 片桐彩子 虹野沙希
古式ゆかり 清川望 清川2 美樹原愛 朝日奈夕子 鏡魅羅
早乙女優美 館林見晴 バッドエンド (おまけ)外井雪之丞 ちょっと攻略


卒業式が終わり教室に戻ると、机の中に差出人不明の手紙が・・・。
「伝説の樹の下で、待っています。」と。
行ってみると・・・。
tmkiyokawa1.JPGtmijyuin1.JPG
主人公:えっ?君だれ?
伊集院:・・・・・・・・。
主:何処かで見たような?
伊:わ、私・・・。伊集院です。
主:伊集院に妹なんていたっけ?
伊:いえ。伊集院レイ本人です。
主:え?
伊:ごめんなさい。今まで私・・・。男のふりをして、嘘をついていたの・・・。
主:す、すごい嘘だ。
伊:伊集院家では、女の子は高校を卒業するまで、家の外では、男の子として生活しなくてはいけないの。
主:漫画みたい・・・。
伊:でも、私・・・。あと一日だったけど、どうしても我慢が出来なくて・・・。こんな所に呼び出したりして、ごめんなさい。
主:い、いいよ。別に・・・。
伊:いつも、憎まれ口ばかりでごめんなさい。でも、今まで憎まれ口をたたいてたのは、あなたに嫌われようとしてたからなの・・・。嫌われてしまえば、貴方の事を忘れられると思ったから・・・。でも、いつもあなたは私に電話をしてきてくれて、あんなにひどいことを言ったのに、何度も何度も・・・。私、嬉しくて、いつも電話の向こう側で泣いてたのよ・・・。普段は、気丈に生きてきたけど・・・。でも、私だって、普通の女の子よ。いつでもみんなと一緒にいて、おしゃべりしたり、遊びに行ったりしたかった。バレンタインのときだって、あなたに・・・。明日からはそうなれるけど、卒業する前に、本当の私を見て欲しかったから・・・。もう伊集院家なんてどうでもいいの。だから・・・。好きです。今まで、嘘をついていてごめんなさい。でも、私と付き合ってください。
主:伊集院・・・。いや、伊集院さん・・・。
伊:迷惑だと思うけど・・・。あなたの気持ちを聞かせて。それで諦めがつくから・・・。
主:そこまで想ってくれて、断れる訳無いじゃないか。
伊:そ、それじゃ・・・。
主:もちろん。OKだよ。
伊:私・・・私・・・。何て言ったらいいのか・・・。やっと、普通の女の子になれたのね・・・。
主:一つだけ聞いてもいいかな?
伊:えっ?何?
主:好雄が倒れたときの事だけど・・・。
伊:ご、ごめんなさい・・・。好雄君に私が女の子だと言う事がばれてしまったので、記憶を操作したんです・・・。
主:やっぱり、そうだったんだ・・・。
伊:け、軽蔑しますか・・・。
主:いや・・・。その気持ち分かるから・・・。
伊:ありがとう・・・。本当に優しいのね・・・。あなたを好きになって良かった・・・。



tmijyuin2.JPG


posted by 否魔人 at 16:12| ときめきメモリアル [SFC] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。